木の家を建てる いわきの工務店です。

家造りの大切な考え方

  • 生活のしやすい設計

    心地よい生活、家族の団らんは設計、プランニングが大切だと考えます。
    水まわりには水に強い材料など、適材適所を大事にし、家族に合った設計を提案しています。
    「将来は、こんな生活を送っているかな?」「こんな夢がある。」など、最善の設計を綿密な打ち合わせを重ねて、一緒に造り上げていく姿勢で取り組んでいます。

  • シンプルで美しい外観

    10年、20年、50年後まで飽きのこない、愛着わく、バランスの良い建物が理想だと考えます。

  • 自然素材のすすめ

    人が快適に暮らせる湿度の状態は、40%~70%の間と言われています。
    自然素材(無垢材、珪藻土の壁)には、快適な湿度に調整してくれる働きをします。
    梅雨でもジメジメしない、夏でもカラッと、乾燥知らずの冬を楽しんでいただきたいなど、一年を通して快適に健康に暮らしてほしい思いでおすすめしています。
    ※珪藻土(けいそうど)は、海藻の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物です。

  • 年間3棟まで

    家造りは、年間3棟までと考えています。
    私どもは、小さな工務店です。細かい所まで目が届き、良い設計、良い家造りを提供する為に、今は年間3棟までと思い取り組んでいます。

  • 心得

    住む方を想い、心地よい生活と幸せの為に、家造りのお手伝いが出来ましたら本当に嬉しく思います。